ロジスティック回帰

言語判定のモデルパラメータを自己組織化マップで可視化

サイボウズでも巷の流行りに乗っかって、アドベントカレンダーなるものをやってて、担当した記事が今日公開された。 言語判定の仕組み - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ 通常のアドベントカレンダーと違って、テーマは「技術ならなんでも…

ロジスティック回帰でいろんな特徴関数を試す

ロジスティック回帰+確率的勾配降下法 - Mi manca qualche giovedi`? 前回に続いて、ロジスティック回帰で遊ぶ。 まだ線形の特徴量しか試していなかったので、二次項や RBF (距離に基づく特徴)も追加し、イテレーションももっとたくさん行うようにし、また…

ロジスティック回帰+確率的勾配降下法

次やってみたいことにロジスティック回帰を使おうとしているので、PRML 4章に従ってさらっと実装してみる。 最終的には Python + numpy で実装し直すことになると思うけど、R の手触り感が好きなので、今回は R。 データセットには R なら簡単に扱える iris …

iVoca の履歴から単語の難易度を計算

まずは iVoca のデータを使って自分で IRT で計算してみるところからかな。 というわけで、ユーザの学習履歴から単語の難易度を求めるコードを書いてみた。 ソーシャルっぽい! 残念ながら IRT(項目反応理論) について書かれた文献を持っていないのだが、id:…