確率

機械学習の本なのに、なぜか確率の話が 1/3 を占める「わけがわかる機械学習」

「わけがわかる機械学習」という本を書きました。 一言でいうと、「機械学習はなぜそんなことをしたいか・してもいいか」を解説する入門本です。わけがわかる機械学習 ── 現実の問題を解くために、しくみを理解する作者: 中谷秀洋出版社/メーカー: 技術評論…

PRML 8.2章「head-to-head が観測されたら独立性が失われる」のもっとわかりやすい具体例

PRML 8.2章「条件付き独立性」では、 head-to-head の場合は「観測されると遮断が解かれる(つまり一般に条件付き独立性を持たない)」という現象の例として「車の燃料装置」が紹介されている。この例はこの例で悪くはないと思うが、ちょっと実感しにくい。 ち…

ベイズの公式は地味に難しいので、確率の乗法公式を2回使おう

ベイズ公式は無意味に難しいので、確率の乗法公式を2回使うようにうるさく言ってますw そうすれば簡単ですよ?。 RT @YJSZK うーむむ。そもそもベイズ法則の簡単な応用例でも思ったより (ry QT @shuyo 社内PRML読書会2011-06-17 16:05:53 via Janetter ベイ…