サイボウズ の検索結果:

A-Frame で glb を表示すると暗くなる件

…らい変わる。モデルはサイボウズのエントランスにいるキリンのぬいぐるみ(「こきりんとーん」という名前)を 3DF Zephyr で 3D モデル化したもの。(真ん中に浮いてるキューブは、後の対策で色がどう変わってしまうか見るために入れている) ライティングをいろいろ工夫したがなんともならない。directional light をあてても暗いままなので、どうも「暗い」と言うより「黒い」らしい。3DF Zephyr で出力したものが悪いのかと、obj を Blender や MS…

無限関係モデル(Infinite Relational Model)の紹介資料+実装

サイボウズ・ラボでは社内向けの機械学習勉強会を 2012年から週1ペースで継続している(前身の PRML 読書会も合わせれば 2011年から)。割り振られた担当者が、書籍や論文など読んだり、実装してみた話などを紹介している。 例えば今年の4月以降の勉強会のネタをピックアップするとこんな感じ。明らかに「いわゆる機械学習」周辺にすら含みようがないネタもポロポロあるが、「機械について学習」くらいまで拡大解釈している、ことにしてほしい(苦笑)。 プライバシー保護データマイニング 並行…

End-to-End Memory Networks を実装してみた

…開発するのを支援するサイボウズ・ラボユースという制度が始まってもう7年目。 先日、4年ぶりにラボユース合宿が開催された。 サイボウズ・ラボユース合宿2017開催 - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ 詳しくはリンク先の記事を見てもらいたいが、要は、泊まり込みで朝から晩までみっちりコードを書きまくり、夜も思う存分プログラミング談義な合宿に参加できるということ。朝昼晩のごはんもついてる。温泉もある(※開催地による)。もちろん費用はサイボウズ持ち…

WebDB Forum 2013 で「どの言語でつぶやかれたのか、機械が知る方法」について発表しました。

…るフォーラム) の、サイボウズの技術報告セッションにて「どの言語でつぶやかれたのか、機械が知る方法」という題で発表させてもらいました。聞いて下さった方(ustream 中継含む)、関係各位、ありがとうございました。 発表資料はこちら。 どの言語でつぶやかれたのか、機械が知る方法 #WebDBf2013 from Shuyo Nakatani テーマは過去に発表済みの「∞-gram ロジスティック回帰を使った短文言語判定」なので、技術的に目新しいことは特にない。実装が新しくなっ…

PRML Wednesday (平日読書会) と読み始める人のための参考リンク集

…/main.pdf サイボウズ・ラボの社内 PRML 読書会で行列計算に苦しむメンバーのために、同僚の光成さんがメモとして起こしたのがこのアンチョコ。 某黒幕の手にかかって、かの暗黒通信団から「機械学習とパターン認識の学習」という書籍として出版され、ジュンク堂やアマゾンで購入可能になっているが、もともとは PDF で無料公開(CC-BY ライセンス)されているものである。 フォローされている範囲は 2〜4 章と 9 章 10 章。社内勉強会で中心的に勉強した中で、計算の重要度…

言語判定のモデルパラメータを自己組織化マップで可視化

サイボウズでも巷の流行りに乗っかって、アドベントカレンダーなるものをやってて、担当した記事が今日公開された。 言語判定の仕組み - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ 通常のアドベントカレンダーと違って、テーマは「技術ならなんでも」って広すぎるやろー。というわけで言語処理な人には当たり前で、それ以外の人にはおそらく興味がないという、なかなかニッチな記事に(よく言えば)。 本当は「なるほど、わからん」と言ってもらえるような記事が書きたくて、いく…

「プログラマが本当に理解するには実装しないといけない」か

…と思われているだろうサイボウズ・ラボの中の人でさえ、PRML 読んでこんだけ実装しまくっているのは約 1 名しかいないのである。 ここまで言えば「実装しなければいけない」なんて悩む必要はないことは十分納得してもらえるのではないかと思うのだがどうだろう。 そんな事情に最近ようやくちょっと気づいてきて、正直反省している。 「やっぱり実装するべき?」と聞かれた時、つい気楽に「実装してみたらいいんちゃう?」と答えてしまっていたが、そんな無責任な意見でもしかしたら何人か PRML を読…

PRML の読む章・飛ばす章(私家版)

…込んでいるという。 サイボウズ・ラボの社内 PRML 読書会でもその現象が発生。見かねた同僚の光成さんが PRML で使われている数学の解説だけではなく、PRML の中で省略されている式変形の過程も含めて書き下したメモ(社内通称:アンチョコ)が暗黒通信団から「機械学習とパターン認識の学習」という同人誌として出版され、全国のジュンク堂で購入可能となるとちょっとしたムーブメントががが。 現在はアマゾンでも購入可能となっているが、もともとのアンチョコも PDF で無料公開(CC-B…

階層ディリクレ過程を実装してみる (4) k の全条件付き分布と HDP-LDA の更新式を導出

来週、サイボウズ・ラボユース合宿なんてのがあったりする(昨年の様子ちら見)。 ちょっと缶詰っぽい感じでコードをガジガジ書く機会になるので、この前の ICML 読み会で紹介した DP-MRM でも実装してみるかー、でも HDP-LDA の実装の細かいところ忘れちゃった(てへ)、TokyoML で発表する約束もしてるし、ちょっと計算やり直してみよっかな、という感じで Teh さんの HDP の論文をまたぞろひっぱりだして読んでたりする。 しかし、初めて読んだときは全くわからなくて…

サイボウズ・ラボユースってなに?

宣伝です。 サイボウズ・ラボユースの最終成果報告会が来週 3/26(月) に開かれます。 この報告会は第2期募集説明会も兼ねています。 サイボウズ・ラボユース ブログ http://cybozulabs-youth.blogspot.jp/ 第1期サイボウズ・ラボユース 最終成果報告会(若干残席有り) https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHFGN3NpSFF5MVNQLUdHZG80Q01QLUE6MQ …

極大部分文字列を使った twitter 言語判定(中谷 NLP2012)

…)の方達、つまりきっとオランダ人。なので、オランダ語のデータが「一番きれい」なのだろう。 ということは裏返せば、ldig がオランダ語を苦手としているのはデータが汚いからということでもある。うーん頑張り甲斐がある……。 最後に、論文のチェックをしてくれたサイボウズ・ラボの同僚と id:nokuno さんに多謝。 *1:[Tromp+ Benelearn2011] Graph-Based N-gram Language Identification on Short Texts

WebDB Forum 2011 で「 CRF を使った Web 本文抽出」を発表してきました

…rum 2011 のサイボウズの企業セッションでの発表の機会をいただきましたので、「 CRF を使った Web 本文抽出」について話をさせていただきました。 CRF を使った Web 本文抽出 for WebDB Forum 2011 View more presentations from Shuyo Nakatani この発表は、過去に2回(自然言語処理勉強会@東京(TokyoNLP) 第1回、確率の科学研究会 第1回)で話をさせてもらったことと、WebDB Forum …

メールアドレスの正規表現がめちゃめちゃ遅くなることがある件について

…、そして実際に社内(サイボウズ)で langdetect を Solr に組み込んで利用していることを考えれば、本懐と言ってもいいくらい。 ありがたや。 でも、今日の話はそっちではなくて。 その langdetect の Issue Board にて教えていただいた「メールアドレスの正規表現がめちゃめちゃ遅くなることがある」件について。 論より証拠、次の Java コードを見てみよう。 import java.util.regex.Pattern; public class …

CRF を使った Web 本文抽出

…強会を 7/30 にサイボウズにて開催。 お疲れ様でした&ありがとうございました>各位 会のテーマに合うかなあと心配しつつ、以前 TokyoNLP #1 にて発表させていただいた、CRF(Conditional Random Fields) を使った Web 本文抽出ネタを焼き直し&プチバージョンアップして発表した。 その資料がこちら。 CRF を使った Web 本文抽出 View more presentations from Shuyo Nakatani 最初は、元の資料…

サイン入り「小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記」いただいちゃいました

…こと、ござ先輩が本日サイボウズ・ラボに遊びに来てくださいました。お忙しいところありがとう〜。 で、インターネットで技術的な仕事をしてても、ルーティングとか名前解決とかよくわかんない人必読と巷で話題の「小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記」をいただいちゃいました。小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記 ――インターネットやサーバのしくみが楽しくわかる作者: aico,株式会社ディレクターズ,村井純出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2011/01/27メディア: 単行本(ソフ…

NIPS 2010 読み会 まとめ

12/26(日) にサイボウズ/サイボウズ・ラボを会場に NIPS 2010 読み会が開催されました。 おつかれさまでした&ありがとうございました>主催の nokuno さん、参加者各位 NIPS 2010 読み会 Nan Ding and S.V.N. Vishwanathan の "t-Logistic Regression" を読んだ。 熱力学の用語がバンバン出てきて、かなり読むのに苦戦したけれど、とてもおもしろい論文だった。 NIPS 2010 論文読み会 / [Di…

WebDB Forum 2010 で「国際化時代の40カ国語言語判定」を発表しました #webdbf2010

…参加してきました。 サイボウズが本フォーラムのシルバースポンサーを務めており、そちらの関係から 12日の技術報告セッションにおいて「国際化時代の40カ国語言語判定」と題し、以前開発したオープンソースの言語判定ライブラリについて発表させていただきました。 発表に用いましたプレゼンテーション資料はこちらです。*1 発表時は口頭で加えていた注釈のいくつかを追加してあります。 国際化時代の40カ国語言語判定 from Shuyo Nakatani なお、ご紹介した言語判定ライブラリ …

Cybozu Developer Conference 2010 と エンジニアの未来サミット for students

…10/22(金) にサイボウズ本社にて "Cybozu Developer Conference 2010" が行われました。 といっても、これは年に数回行われる未公開のイベント。 サイボウズグループ各社(サイボウズ本社、松山、上海、ベトナム、総研、ラボ)が集まり、互いの開発・研究内容をパネル形式で披露し合うというもの。 サイボウズの製品群がどんどん幅広くなっているのにあわせて、ここでの発表もインフラ・要素技術からサービスやモバイル開発まで、非常に幅広くなっており、とても楽し…

第2回 自然言語処理勉強会@東京

…板のデータを使って(サイボウズ本社のチームによっては、英語/日本語/中国語などをちゃんぽんでやりとりしている)、口語文でもある程度いけるという感触は得ていたけれど、数字が出せるレベルでは行っていなかった。 本当は当然もちろん、さまざまなテキストソースでテストしたかったに決まってるわけだが、「そのあたりのテストデータ(しかも正解付き!!!)を集める作業までとてもじゃあないが手が回らなかった」というのがもうぶっちゃけた唯一の答え。 なにしろ、ニュースを使って49言語のテストデータ…

PRML 読書会 #13 10章 近似推論法(変分ベイズ)

…)」読書会 #13@サイボウズ・ラボ に参加しました。各位お疲れ様でした。 今回のテーマは10章の変分推論(変分ベイズ)。しましまさんからも「PRML本で最も恐ろしいところ」とお墨付きをもらっているほどの鬼計算の章。 10.2.1 の混合ガウス分布を変分ベイズで推論する例のところを担当した。 発表資料 10.2-10.2.1 例:変分混合ガウス分布、資料後半 by id:n_shuyo 10.2.2-10.2.5 変分下限*1〜導出された分解 by wk さん 10.3 変分…

PRML 読書会 #12 9章 EMアルゴリズム&10章 変分ベイズ

…)」読書会 #12@サイボウズ・ラボ に参加しました。各位お疲れ様でした。 今回のテーマは9章の EM アルゴリズムと10章の変分推論(変分ベイズ)。 盛り上がって参りました。 これまでも圧倒的なパワーで並み居る参加者をなぎ倒してきた PRML。しかし全てはウォーミングアップに過ぎなかった。 第12話の、PRML のセリフ「わたしの戦闘力は53万です」に凍り付く参加者一同。 はたして生き残ることは出来るのか!? だいたいあってる? というわけで、PRML の一番大変な範囲に突…

「パターン認識と機械学習」(PRML)読書会 #11 + R で K-means

…)読書会 #11 @サイボウズ・ラボに のこのこ行ってきました。お疲れ様>各位 今回は8章「グラフィカルモデル」の後半+9章の K-means まで。 sum-product(積和アルゴリズム) や max-sum で、グラフィカルモデルが周辺化や同時分布の大域最大解を求めるためのツールになる、というお話。 sleepy_yoshi さんの 8.4.1〜3 因子グラフ他の資料 nokuno さんの 8.4.4 sum-product の資料 8.4.5 max-sum の資料…

「パターン認識と機械学習(PRML)」 読書会 #10 (8章 グラフィカルモデル 前半)

…何の計算もいらない。 ま、計算させたかったんだろうけどね。 終了後、いつものようにごはんを食べようとしたが、居酒屋しか無くて、その流れで PRML 読書会初の飲み会に突入。 ぷるむる で酒が飲めるとは!!!! 次回は 2/6 @同じくサイボウズ・ラボ。グラフィカルモデルの後半。「8.4.5 max-sum アルゴリズム」担当予定。 7.2でもやっちゃった無双っぷりを控えるべく、担当範囲を少なめにしといたよ…… *1:背景や動機の理解には、他の知識もあった方がもちろんいいけどね

「パターン認識と機械学習(PRML)」 読書会 #9 (7章 サポートベクトルマシン)

…L 読書会 第9回@サイボウズ・ラボに会場係 兼 Chapter 7.2 担当として参加。 って、もう1ヶ月以上も前のことなので、簡単に。 RVM は名前を SVM に似せているだけの全く別物。むしろ線形回帰。「使われてるとしても、他の名前なんちゃう?」「あれ? RVM の中の人、ビショップと同じ会社……」とか話してたら、しましまさんに「RVM というより,Sparse Bayesian Learning という呼び方がメジャーになってきているかも」というコメントいただいて超…

PRML 読書会 #8 「カーネル法」

…て読んでみよう〜。 次回は 11/28(土) にサイボウズ・ラボにて開催。 #9 の範囲は第7章「疎な解を持つカーネルマシン」。多くの PRML 読みがきっと「この章を読みたい」と目標としているサポートベクトルマシンを扱う。 7.2 RVM を担当予定。 *1:「ガウス過程」が太字になっていない *2:証明の一番難しいところは「カーネル多変量解析」でも省略されちゃってるんだけど、だいたいの流れはつかめる *3:自分のまとめ方はちょいクセがあるしねw。自覚はある。反省はしない。

WEwLC 読書会は完了しました。

11/22 に @サイボウズ・ラボ にて Working Effectively with Legacy Code 読書会の第6回が行われました。 第5回まで終わって残りは 24章と 25章。 25 章はやり残したメソッドが羅列されているだけの「長すぎる Appendix 」であり、24 章が実質的には最終章。 しかし 24 章はわずか2ページちょっとしかない。 おまけに 25 章の担当者は半分しか埋まらず、はてさてどうなることやらと正直危惧していた。 が、ふたを開けてみたら…

WEwLC 読書会 第五回

… 読書会の第五回が、サイボウズ・ラボを会場に行われました。 って、ずいぶん昔の話ですんません……。今週は某英語ゲームのリリースとか某くまっぽい LT とかでなんだか忙しかったもので。 今回の範囲は、「クラスが殺人的にでかい」とか「いや、そもそもメソッドが何千行も(ry」とか、"Legacy Code" という言葉を耳にしたときにまさに思い浮かべそうなシチュエーションでのプレイについて。 Chapter 20. このクラス、でかすぎ! これ以上膨れ上がらせるのはヤダ 小西さん担…

WEwLC 読書会 #4

9/14 に、サイボウズ・ラボを会場に Working Effectively with Legacy Code 読書会 #4 が開かれました。主催者&参加者の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。 この本の前半は「せっぱ詰まった状況だけど新しく書くコードのテストだけはなんとかしたい」というシチュエーションで今日聞いて明日使える(かもしれない……?)メソッドをあれこれ紹介してくれるというものなんだけど、今回の範囲にはちょっと毛色の違う、「長くやっていくチームがせっぱ…

第2回 WEwLC 読書会

…しており、7/5 にサイボウズ・ラボにて開かれた読書会にも今回初めて参加してみた。 第一回から参加したかったのだが、たまたまその時忙しかったことに加えて、ぶっちゃけ、ちょっと会場が遠いなあ、と(苦笑)。 というわけで第二回は自分の会社を会場提供することで、読書会を手近に呼び寄せるというメソッドを駆使して参加してみたわけだ。前回の場所の方が良かったのにという人ごめんなさい(笑)。 てな感じで読書会の記事のはずだったのに書評のようになってしまった。これ以上紙数を稼ぐのもなんなので…

Erlang 分散勉強会 - Erlang で分散倉庫番ソルバー

…て仕事なんですか? サイボウズ・ラボってそういう会社?」と4人くらいに聞かれた。 いやいやさすがにあれは趣味です、まあ Erlang の調査報告という形で仕事に還元という形式を踏んどいて、仕事中に一部作ったりはしてますが的な回答をしつつ、なんでそんなに聞かれるんだろう、文芸部メソッドの時すら「あれは仕事?」なんて聞かれなかったのに…… はっ。もももしかして、プレゼンが「1年前に Erlang はやりましたよね」で始まってるからって、まさかまる1年間倉庫番しかしてないとか思われ…